中古住宅の紹介

中古住宅+リフォーム 3つのおすすめポイント

ポイント1 新築以下の価格で、こだわり空間を手に入れることができる!

日本では、建物の年数が経過するほど物件の価格が下がっていきます。
特に一戸建ての場合、家そのものの評価額が低いと、土地を買うだけの価格で家も手に入る場合もあります。
中古住宅であれば、安く買えた分で自分好みにリフォームする事ができ、
オンリーワンのこだわり空間を手に入れることができるのです。

ポイント2 豊富な物件とエリアから選ぶことができる!

新築住宅は、数も建てられる場所も限られてきます。
駅から近い・暮らしやすいなど、立地条件に恵まれている土地は、すでに一戸建てやマンションが建ってしまっている場合がほとんどです。
それに比べて、中古住宅は売りに出されている物件が豊富で、選べるエリアも広いのが特徴です。
ですから、中古住宅なら、憧れのエリアでも手頃な価格で手に入れることができるのです。

ポイント3 実際の物件を確かめて検討できる!

中古住宅は、実際の環境や建物の状態を確認して検討できます。
マンションであれば、管理状態や共用施設の稼働など、実際の住み心地に影響する点を知ることができます。
一戸建てでも、日当たりや眺めなど、実際の建物でなければ確認しにくいことはたくさんあります。
「実際の物件を見ることができる」。 これは、物件を選ぶ上で意外と大きなメリットなのです。